自我関与とは

カテゴリー 日記

人間が誰か他人というものを好きになる理由というものを心理的に考えてみると、その人間のことを考える時間が長いという要素が大きな影響を与えているとされています。
恋愛心理の世界では、これを自我関与と呼んでいて、自分がどの程度に好意というものを持っているのか、感情や行動で関わっているのかを表すものなのです。
片思いの状況というのは、自我関与の割合というものが、ほぼ100パーセントに近い確率でその相手に向いているというような状況といえば、分かりやすいでしょうか。
たとえば、仕事をしていても、プライベートで自宅にいるときでも、その恋愛対象のことを考えたり、デートをしたときのことを想像してみたり、会話というものをしている姿というものを妄想していたりするものなのです。
片思いをしている心の中で、どんどんと好きな気持ちが盛り上がっていく。
そして、片思いというものをしていることが辛くなり、それを実現させようとして、いつしか勇気というものを振り絞り行動というものを起こすことになるのですよ。
ガンガンに自分勝手な感情をぶつけ、アプローチというものをかけるような男性もいますが、これでは女性の警戒心を高めてしまうだけになりますから気をつけましょうね。

おススメサイトはこちら

誰かいい人いたら紹介してなんて言ってくる女性友達に対して、自分の友人の中でもいい男を紹介する。誰でもいいからといっていたのに、結局のところはお気に召さずに、お断わりなんてことよくありませんか?紹介したこっちの身からしてみると、はっきりいって顔を潰された形になるために、好みがあるなら最初に言っておけよという気持ちになることでしょう。

結局のところ、どんな異性と恋愛をしたいの?と聞けば、どんどんと条件が出てくる。はっきりいってそんな完璧な人間がいるなら、お前は無理だろ?とツッコミを入れたくなるくらいの理想の高さ。こういう女性になってしまうと、恋愛相手ができないどころか、友人までもが、離れていってしまうことになるのですよ。

たとえばこういう女性の多くは、はっきりいって切羽詰っているということが多いのです。切羽詰っていて、他人の幸せを目撃したり、考えているときには、本当に誰でもいいと思っているのです。しかしながら生身の男性をいざ目の前にしたとき、さまざまに減点方式で相手を評価してしまい、結局のところやっぱり駄目だということになってしまうのですよ。所詮はこういうことになってしまうために、やはり出会いは自分自身で探すべきなのです。

大人の対応

カテゴリー 日記

大人の男性を女性は好きになります。それは同年代の男性よりも、30代をすぎるくらいまでは、精神的な発達というのが女性の方が早く、満足できないような環境にさらされて来たからです。社会に出てしまえば、そういった実感はないでしょうが、特に若い世代の女性は、年上の大人好きな女性が多い傾向にあるんですよね。

大人な男性を感じさせるアクションを起こすことができれば、同年代であっても、まして年下であっても、恋愛対象の心をつかみ、恋愛関係を成立させることができるかもしれませんね。たとえば、八つ当たりなんてものをされても、笑顔でそれを受け止める度量がある男性です。理不尽な要求にも笑顔で答え、嫌な顔ひとつせずにそれを叶える。敢えて無茶なことを言っているということを分かっているからこそ出来る大人の対応ですよね。

同年代や精神的な年齢が若い男性であれば、機嫌を損ね、ケンカになってしまうでしょうね。特に女性は精神が日常的に不安定で、波があるものなんです。生理があれば、特に感情の起伏なんてものも激しくなりますからね。こういった女性の性分というものを、しっかり理解できているからこそ、出来る対応であると言えるのではないでしょうか?

ガツガツ系の肉食系女子が台頭してきている現代において、おしとやかで一歩下がったようなスタイルの女性は、逆に目立つ存在になってきましたね。やはり男性は恋愛ガツガツしている女性よりも、ちょっと一歩引いて恥ずかしがっている女性を好むものですよ。

たとえば、恥ずかしそうに小声で自分の名前を呼ばれた時なんていうアクションは、男性が可愛いと感じ、一気に恋愛感情を抱くきっかけになるアクションでもあるのです。こういった性格の女性が、自分から声をかけるというアクションを起こすことは、男性の中では心を許してくれたという風に判断することが多いんですよね。

だからこそ、いくら恥ずかしいという気持ちがあっても、「ねぇねぇ」とか、「ちょっと」なんて呼ぶのではなく、「○○くん」という風に苗字でもいいので、恋愛対象の名前を呼んだ方が、恋愛対象の心をつかみやすいと言えるのですよ。また大人しい女性が、満面の笑顔を見せる瞬間というのも、男性にとってみると、恋愛感情をかなり高く感じる瞬間であるのです。

普段なかなか見ることができないからこそ、貴重なその笑顔のカワイさに心を射抜かれる男性は多いようですね。笑顔を振りまけといっても、なかなかできるものではありませんから、ここぞの時の必殺の武器として温存するのもひとつの恋愛テクニックなのですよ。

この性格、ナンとかしたいんですけど、どうしたらいいのかな。ケータイを持っていないと不安でなにも手につかないっていうヒトになってしまったのですよ。うちに忘れて出かけてしまったら、死ぬほど焦るし、遅刻をしてでも、戻って取りに帰るし、コレってヤバいですよね。まさに、ケータイ依存症って言ってもいいくらいかな。

まさか、まさかの病気なの?!。ケータイを忘れてもヘーキになっていたんですけど、マジムリです。ケータイ?、ああ、うちかな、忘れちゃった、あはは。って余裕で居られるヒトがうらやましいかもしれない。でも、まわりでそんなヒトを見たことがないですよ。みんな、ケータイを忘れてくると、ケッコー焦ってるし。取りに帰れないときの心境って尋常じゃないですよ。一日不安。誰かから着信とかあったらどうしよう。メールとかたまりまくってたらどうしよう。

みんなに心配させちゃうかなあ、って、めっちゃ気が気でなくなってしまう。ケータイがなくなったら、友だちとどうやって連絡をしたらいいのかもわからないかもしれないなあ。固定電話ってひいてないから、マジ困る。ケータイがなくなったと同時に友だちもなくなる?。そんなに絆のない友達はいないって思っているんですけど、どうなのかな。うちじゃなくって、どこかに忘れたら、もう気がくるってしまいそうなくらい心配になっちゃうなあ。どこに忘れたのか見当がつくときだったらいいのだけれど、まったく記憶にないと、だれかに拾われたり、勝手に使われたりしたら、ヤバいよって思うし、無くさない方法ってないのかなあ。

「今度、一緒に食事にでも行きませんか?」仕事を通じて出会った取引先の彼から仕事の打ち合わせ中に誘われた。彼が私に好意があるような感じは、前からあったからそのうち誘われるんじゃないかと思っていたけれどまさか仕事中にこんな事を言うなんて……。どこで誰が話を聞いているかわからないので、とりあえずごまかすように適当に返事をしておいた。

はっきりいって彼から誘われた事は嬉しかった。私も彼に好意を抱いていたから……。でも仕事の打ち合わせ中に誘われても、ホイホイOKできるはずがない。何とか仕事が終わってからきちんと話がしたいと思っていたのに彼は、私に断られたと思ったらしく私を避けるように会社に戻ってしまった。でもまだ仕事の打ち合わせは続くからまた会えるし、その時に誤解を解けばいいって思っていたんだけれど……。えっ?!冗談でしょう?

担当者が変わったの?しかも彼が自ら担当を降りたってどういう事?こんな事をされたら、まるで私と彼が仕事上でトラブったみたいじゃない。「何かもめたの?」思った通り上司にも聞かれた。ここは素直に彼から誘いをうけた事を話すべきなんだろうか……。いや、でも、下手に話せば私まで公私混同しているみたいに思われるかもしれないし……。あぁ、面倒だな。食事を断られたくらいで、ここまで大袈裟なアクションをしないでよ。

会話

カテゴリー 日記

恋愛対象と接する際にも、会話のネタというものは非常に大事なんですよね。男性同士であれば、どんな話題でもまず受け入れることができるでしょう。たとえネガティブな話題であっても、他人の愚痴であったり、会社への批判なんてもの。またそれに対しての反論なんてものをしても、お互いに気心がしれているために、それを許すという傾向にあるのです。

しかしこういった会話のスタイルを取るのは、男性の友人の前だけにしておくことが無難です。恋愛対象を前にしたときには、あまりこういったネガティブな話題は避けるべき話題なのですよ。会話をしている相手を退屈させたり、傷つけてしまうような話題は、絶対に避けるべきなんですよね。

メールなどでコミュニケーションを取り、実際に顔を合わせてデートをしても、その中での会話というものがうまくいかなかった場合には、恋愛関係にまで発展する可能性が少ないと言えるのですよ。逆に会話上手な人間は、その顔の作りであったり、スタイルといった外見面で劣っているというような特徴があったとしても、一緒にいて楽しいという思いを抱かれ、恋愛関係に発展する可能性が高くなるのですよ。会話の能力というものは人間関係の要の能力なのですから、自分のスタイルを確立させ、どんな人間とでも話すことができるようになりましょう。

性格傾向

カテゴリー 日記

恋愛対象の好みの人間を知ることは、何気に恋愛の展開をコントロールしやすい情報であったりするんですよね。たとえば体型の好き嫌いってあるでしょう?たとえばおっぱい至上主義であるような人間は、男性の中では何気に多いです。他にも背の高い女性が好きだとか、逆にとっても小さい女性を好む男性もいるわけです。

こういった肉体的な好みを知ることで、恋愛対象が持っている性格というものを知ることができるんですよね。たとえばグラビアアイドルなんてものが好きだったり、とにかくバストが豊満な女性が好きだという特徴を持っている場合には、何気にタバコが好きな人間が多く、ヘビースモーカー率が高いという傾向にあるのです。

他にも社交的な人間が多く、外交的で、とにかくコミュニケーションが上手出会ったりする人間が多いんですよね。また身体を動かすことが好きなことから、趣味は運動系が多いという特徴を持っているのです。逆に胸が小さい女性が好きだという男性は、マザコンの可能性が高く、精神的には幼稚な人間が多いという特徴を持っています。また宗教にはまりやすく、また恋愛関係の主導権を握りコントロールするよりも、コントロールされたいという風に思っていることが多いのですよ。

男性の魅力

カテゴリー 日記

女性の中では、男性のタイプを絞っている女性がいるものです。たとえばイケメンのみ。もしくは草食系のみにターゲットを絞る。お金持ち限定。こういったカテゴライズの中で、体育会系の男性ばかりをターゲットにしているという女性がいます。どうして彼女たちは体育会系の男性ばかりを恋愛対象にするのでしょうか?

体育会系の男性が評判が良いのは、絶対的な上下関係の世界であるために、礼儀というものが正しいということが挙げられます。先輩などとの飲み会になれば、自分から率先して先輩が心地よく過ごせるように働く。つまりは気遣いなども身についていることが多いんですよね。それが自分に向けられた時には、まるでお姫様にでもなったような気分になるために、体育会系の男性のエスコートは何気に好評なんですよね。

ただし、逆に後輩なんてものに対しては、かなり横柄な態度を取ってしまうものですから、そんな姿を見られた時には、人間性を疑われることになるので、注意が必要ですよ。また体育会系といえば、その大きな胃袋でしょう。ご飯を沢山食べてくれる男性は、女性にとって、非常に重宝される男性の特徴なんですね。手料理をふるまいたくなるという衝動に駆られることからも、恋愛対象とされる特徴を数多く持っているのです。

恋愛経験をしていれば、それなりの恋愛論なんてものが、それぞれに出来上がるものではないでしょうか?むしろこれが確立できていないのであれば、いつも同じような恋愛を繰り返し、同じように終焉を迎えているということになるのです。つまりは成長がまったくないということ。過去の恋愛経験というものは、確実に今に活かすべきことなんですよね。

たとえば駄目男にハマってしまった経験のある女性。その後の明暗はくっきりと分かれています。いつまでも同じように駄目男とばかり恋愛関係を結んでしまって、同じような悩みを抱え続ける女性。そしてもう一方は、きっぱりとそういった駄目男を寄せ付けず、良質な男性と幸せな恋愛関係を手に入れる女性です。両者の違いは執着心や安心感などといったものを捨てたか、捨てなかったかの違いであることが大きいんですね。

好きだからという感情を最優先させてしまったりすると、いつまでもこういったダメ男スパイラルからは、抜け出すことができないのですよ。駄目男を選択している時点で、あなたの恋愛アンテナは壊れているということに気がつかなければならないのです。だから直感に頼ったり、感情の赴くままの恋愛のスタートをきると、そのまままた駄目男との恋愛に足を踏み入れるということになってしまうのですよ。

他のキーワードで検索 »